2016年

3月

03日

【ご報告】「おうちで出来る家族のためのお手当講座@千葉」開催しました。

今回はお子さん連れOKの回、赤ちゃん3人が一緒に受講してくれました。
赤ちゃんの泣き声や眠ったり、おっぱい飲んだり、おんぶされたり、ずりずりと動いたりする様子を
聞いたり見たりしながらのお手当て。
おうちで日常的に行うお手当ては、きっとこんな感じだと思います。
家族の誰かの声や気配のする中でのお手当て、
落ち着かないようだけれど
実は一番自分がくつろげる場所なのかもしれません。

ぐずぐず寝ぐずりして、お子さんがしがみついたり、上に乗っかられたりしながら
お手当てを受けていたママ、そんな状況でも
終わってみたら、目がぱっちり、顔色も良くなっていて
皆でびっくり。

他の皆さんも
目が大きくなっていたり、
呼吸がしやすくなっていたり、
などなどの変化が。
魔法じゃなくて、そこには解剖学的な意味や機序などはきちんとあります。
それをお伝えすることはできるけれど(ベーシックセミナーではしています)
この「お手当て講座」でお伝えするのは
ほんの少しの手技とお手当ての心持ち。
ただただ自分が心地よく、その場に座り、相手に寄り添う。
それだけで、相手は緩んで柔らかく、そして流れが整います。
魔法じゃないけれど、やっぱり、
ちょっと不思議な魔法みたいなものかもしれないです。

この魔法は身体だけでなく、
気持も柔らかく優しくしてくれます。

おうちで出来る人が増えれば、
優しい人が増えてくる。
それは、きっと世の中の平和に繋がるはず、と講座のたびに
壮大にも思うのでした。

ご参加の皆様、ありがとうございました。
感想など聞かせていただけるととても嬉しいです。
そして、呼んでくださった千葉Umiのいえの黒岩ゆかちゃん、ありがとうございました。

次回の千葉開催は
5月27日(金)です。詳細はこちら
参加者募集中、お待ちしています。