お手当てのこと


小学2年生と年長さんの兄弟のお手当て。


最初は、モゾモゾと落ち着かなったけれど

二人とも程なく、寝息をたてて眠る。

お兄ちゃんも弟くんも

同じタイミングで眠りに入る。

一人ずつ、順番でお手当てしているのに、面白いな。

仲の良い兄弟だから、身体も同調しているのか。


ふわっと緩んだ身体と深い呼吸で

お手当て後も30分くらい眠っていたお兄ちゃん、

スッキリと起きて来て「あー、気持ちよかった!」と。

その一言は

最高の褒め言葉。ありがとう。


そして、お手当てする前よりも

私と彼との間の空気が

柔らかく、温かくなっていた。

距離が縮まるってこういうことなのか。

お手当ては一方的ではなく

双方向に変化がおこるもの。

ちいさい人は

それをわかりやすく教えてくれる。